ケチと節約の狭間

増えない実質所得、増える生活費の中での悪戦苦闘記録です。

2017年 食器洗い機(ビルトイン)を導入する

目次

1.ビルトイン食器洗い機を買うに至った経緯

私は知り合いの家でビルトイン食器洗い機を初めて見た時に衝撃を受けた。


使いやすい!買替えで選ぶなら、パナソニックだけのDEEPタイプ【Panasonic公式】

  1. カッコイイ!
  2. 据え置き型とは比べ物にならない静かだ!

独り身で外食が多いと気になりませんが、

家族分を含めて食器を1日3回洗うは手間もコストも結構かかってました。

 

2.実機を下見 - パナソニックが独占状態 -

早速 下見です。しかし実物を見れる場所はすごく少なかったです。

以下の二カ所で見ることが出来ました。

sumai.panasonic.jp


www.sunrefre.jp

サンリフレプラザさんに限らず、パナソニックがほぼ市場を独占している感じです。

この状況で、事例や口コミもないのに他メーカーを選択するのはリスキーに思えました。

 ※自分もエンジニアなので、Bug出しされることになる事例の量は重視します。

3.どのモデルを買う? - パネルの色が合わない問題 -

日本では以下の選択肢から選ぶことになります。

  1. 幅45cmモデル or 60cmモデル
  2. 縦長ディープタイプ or 縦短ミドルタイプ
  3. 化粧板に面材タイプ or パネルタイプ 

最初の1と2は簡単に選べます。

幅60cmモデルは2009年モデルが最新なので、省エネ機能や次の機種変更を考えるとあまりオススメ出来ません。

45cmタイプで浅短ミドルタイプだとあまり量が入らないです。

なので、おそらく殆どの家庭で幅45cm、縦長ディープタイプとなると思います。

 

問題は3です。

普通は現行のキッチンと同じ色の面材を選びたいと思います。

しかし、マンションのシステムキッチンは特注モノが多く、新築時に注文しないとなかなかシステムキッチンと同色の面材が入手できません。

 

 

結果的にパネルタイプしか選択肢がなくなり、その色を選んで決める訳ですが、

微妙に色合いが違ったり、質感がチープな感じがしたりで中々決まらないのです。

  

最終的に私はシステムキッチンと色を合わせることをあきらめ、

むしろ自己主張の強いステンレスの面材タイプにしました。

近い色・近い材質で違和感を感じるよりはその方がいいと思ったのです。

 

4.どこで買おう? - 実は家電ではなくてリフォームだった問題 -

次にどこで買うか、調べ始めました。

(1)softbankユーザの場合 : ポイントが高い日を狙ってyahooショッピングで買う

=> 最新機種でもポイント込みで10~11万で導入可能です!

store.shopping.yahoo.co.jp

最近のyahooショッピングのTポイント付与率はスゴイです。 

 

しかし・・・誰が作業に来るんだろう?と不安になりました。

子会社? 孫請け? 明らかに責任感が薄そうです。

 

そしてお風呂と違って、台所で水漏れなんかしたら損害額が予想できません。

 

この件、最初は家電気分で見ていたのですが、そう・・・実は家電じゃなくってリフォームの扱いなんですよね。

 

これは後日 工事に来てもらった時にも実感しました。

配管やキッチンを大工処理しつつ仕上げていく訳で、経験と責任感がないと、ちょっと厳しい作業だと思います。

※特に新規導入の場合。同サイズ機の入れ替えだと高いスキルは要求されなさそうです。

 

結局、

(2)自社エンジニアを抱える会社にお願いすることにしました。

=> 15万円弱で導入できました。すべての配管や廃棄込みです。

不動産デベに紹介してもらった所に頼むよりは5万安くなりましたよ!

 

5.まとめ - 新規設置と入れ替えは作業難易度が違う -

私の体感では新規設置は高いスキルが要求されるため、

誰が作業に来るか分からないネット業者はオススメできないです。。。

逆に入れ替えだとそれほどいじる場所が少ないので、ネット業者でもいい気がしましたよ!