ケチと節約の狭間

増えない実質所得、増える生活費の中での悪戦苦闘記録です。

iPhone6 -> iPhone7へ移行時のトラブルまとめ

目次

f:id:Otoku:20170528233641j:plain

結構 ハマッたiPhone6 -> iPhone7へ移行時のトラブル

iPhoneを2年振りに更新しました。

iPhone3GS, 44S56と5台経験しているため、

iTunes使えば移行なんて簡単でしょ・・・と思いきやそうではありませんでした。

見事にハマって、家族のiPhoneも稼働できない状況に陥り、

ほぼ徹夜させられることになりました(涙)

その罠を解説していきます。

 

罠1 iTunesiPhone6バックアップがiPhone7でリストアできない、さらにエラーメッセージがイケてない

 

"バックアップが壊れているか、復元先のiPhoneと互換性がないために、iPhoneを復元できませんでした。"

とエラーが出ちゃって、そのままだとリストアできませんでした。

 

iPhone7の発売後、半年 経過していたために、

手持ちのiPhone6のソフトウェアバージョン > 在庫iPhone7のソフトウェアバージョン

となっていたために発生しました。

# いや、appleはん、それぐらい想定しておいてくれよー。

 

しかもエラーメッセージが親切ではなかったため、

原因が判明するのにかなり時間を要しました。

 

解決するためには、iPhone7を一旦 activateして、さらにアップグレードして、

そこからリストアを試みる必要がありました。

 

罠2 アプリケーションデータには既存iPhoneが手元にあっても後からリストアできないものがある

代表的なものがLINEのトーク履歴です。

 

"既存マシンを持っているから、とりあえず移行してしまおう。

最悪 既存マシンからデータを持って行けるはず"

 

なーんて軽い気持ちで次の端末で認証してしまうと、

既存マシンからアクセスできなくなって、データをロストしてしまいます。

 

以下で紹介されているような方法でバックアップを取得しなくてはいけなかったんです。

appllio.com

 

 

なお、私のケースでは、

"あーあ、トーク履歴なくしちゃった"と思っていたら、

1日経過したぐらいで以前のメッセージがLINEのサーバから読み込まれたらしく復活しました。

# その代わり、その1日中に行っていたトーク履歴が無くなりました。

# これはこれでどうなんだ? と思いましたが。。。

 

まとめ 新端末iPhone7上のソフトウェアは古いこと、LINEなど端末認証系は移行前にバックアップを取ることを知る

これに尽きます。

逆にこれさえ知っておけば数時間もあればすぐに移行できるわけで、楽だと思いますよー。

Enjoy your iPhone Life!!