ケチと節約の狭間

増えない実質所得、増える生活費の中での悪戦苦闘記録です。

情報社会のセオリー

昔はテレビの言うこと、新聞の言うこと、

オトナの言うことを、真に受けていたなぁ、と思います。

 

しかし、就職してオトナの世界に入ってから受け止め方が変わってきました。

 

"あれれ?"と思うことが増えて、

むしろ5割ぐらいはウソに近いと感じるように。。。

 

オトナの世界で大切なのは、

"誰が何のためにお金を出しているか?"

これを想像できないと痛い目を見ることになります。

 

情報も基本的にはオカネが乗っている。

 

自分の足で得た情報でない限り(足どころか、いまやGoogleでさらっと調べられる)

常にそのスポンサーさんの偏向情報である訳ですから、

その大前提を抑えていない限り、むしろ無知である方が良い場合があると思います。

 

無料相談! とかもそうですね。

無料なんてある訳ないわけで、誰がお金を出しているか、

それを想像できる人でないと危険がイッパイですね。